緑内障 手術 費用

気圧が心配・・・高眼圧症の人が飛行機に乗る際に注意すべきコトって?

高眼圧症とは、眼球内の圧力が何らかの理由によって高まってしまった状態を言います。高眼圧症になると、目の奥にある眼球と脳とをつなぐ視神経を圧迫し、傷をつけてしまう危険性があります。もし視神経が損傷すると緑内障などの眼病に発展し、視野が次第に欠けていくという症状が出てきます。

現在、40代以上で高眼圧症を発症する数は年々増えており、定期的な眼科での検診が薦められています。早期発見、早期治療が一番の方法だからです。しかし、もしあなたが突然高眼圧症だと診断されたらどうでしょうか。いまだはっきりとした原因は分かっていませんが、生活習慣の見直しも重要であると言われています。

そうなると、眼圧に影響を与えることは、生活のなかでできるだけ避けていきたいと考えるのは当然でしょう。その中で、飛行機に乗ることは眼圧に何か影響を与えるのでしょうか。日常生活で・・・とは言えませんが、海外旅行も身近になっている現在、たまには旅行や、あるいは出張、帰省などで飛行機に乗る機会はあると思います。上空では気圧の関係で、よく持参していたお菓子の袋がパンパンになった・・・などという経験をした人も多いかと思いますが、同様に眼球も・・・と危惧してしまうかもしれません。

しかし医学上では、飛行機による眼圧の上昇はないとされています。外の気圧は上がりますが、機内の気圧は常に一定に保たれているので問題がないそうです。

高眼圧症と診断されたら、ストレスを溜めないで健康的に生活することがよいとされています。また、他の生活習慣病の予防と同じように、バランスの取れた食事や適度な運動を心がけることも大切です。無理のない範囲なら、気分転換に旅行などを楽しみましょう。また、飛行時間が長時間に及ぶようなら、事前に眼科医と相談しておいたほうがいいでしょう。

緑内障でドライアイに!?2つの症状の関係性とは

ドライアイは、パソコンと切り離せない現代の生活病と言ってもいいのではないでしょうか。目の酷使によって涙の量や質が変化して、角膜や結膜に傷がついてしまうドライアイは、目に違和感を感じるほかにも色々な症状がでることがあります。特徴的なのは肩こりや頭痛などがあります。

一見関係なさそうですが、緑内障と診断された人の中にドライアイの症状が出ることがあります。これは、緑内障と同時にドライアイを発症したのではなく、緑内障と診断されたときに処方される抗コリン系の点眼薬による可能性があると言われています。緑内障は視野の欠損を緩やかにするため、点眼薬などで治療を進めていくのが普通ですが、抗コリン系の点眼薬や自律神経に働きかけ、交感神経を優位にする作用があるため、涙などの体液を抑制してしまう効果があります。そのため、ドライアイの症状が起こるのです。

逆に、ドライアイから緑内障を引き起こしてしまうということは医学的にも証明されておらず、断定はできないようです。

緑内障と診断されたら、規則正しい生活をおくることが大切だと言われています。バランスの取れた食事、適度な運動、十分な睡眠を心がけましょう。また、点眼薬などでドライアイの症状が出た場合には、目を酷使するようなことのないように注意しましょう。長時間のパソコン作業やテレビの見すぎは禁物です。瞬きを多くするように心がけましょう。部屋の湿度を一定にすることも効果があります。加湿器などを置いて湿度を保つと症状がずいぶん改善されることがあります。

視野狭窄の進行を食い止める!?最新のインプラント手術とは

普通、緑内障と診断されて視野の狭窄、欠損が始まると、欠けた部分は二度と元には戻りません。眼科でも点眼薬などを用いて、視野の欠損のスピードをできるだけ緩やかにするような治療を行います。

緑内障の大きな原因は眼球の圧力が上がることで、この眼圧の上昇が視神経を傷つけ、視野に障害をきたします。点眼薬やレーザー治療などで眼圧を下げますが、効果がなければ手術になります。簡単に言うと白目に穴を開け、眼球内に溜まった水(房水)を排出させる手術になるのですが、術後時間がたつとこの穴がふさがり、再手術を繰り返すことになったり、合併症を引き起こす危険性があります。

ここで従来のものに替わるものとして新たに登場したのが「インプラント手術」です。眼球内の水を抜くためのインプラントを眼球の中に埋め込み、房水を排出させることで眼球内の圧力を一定に保ち、従来のように何度も手術を受けたり、合併症を気にしたりすることがなくなる画期的なものだと言われています。

最新のインプラント手術は2時間もかからずに終わるようで、術後数日で退院できます。インプラントは小さいプレートとチューブで、目に違和感や痛みなどはありません。最近では成功率も7割以上と上がってきているようです。

インプラントと聞くと歯の治療しか思いつきませんが、緑内障にもインプラント手術が有効なようです。近年では保険適用内のものもあるので、選択肢としてこういったものもあるという知識を持っておくことも大切なことではないでしょうか。

バセドウ病で視野欠損?症状は似ているが原因が異なる緑内障との比較

バセドウ病とは、甲状腺の病気のひとつです。何らかの原因で甲状腺ホルモンが過剰に作られるようになり、若い女性に多い病気だと言われています。バセドウ病自体は治療方法が確立されているといわれていますが、バセドウ病が原因になって目の病気を引き起こすことがあります。

直接バセドウ病が原因になって引き起こすものとしてはまぶたが後退してしまう「眼瞼後退(がんけんこうたい)」というものや、「眼球突出(がんきゅうとっしゅつ)」というものがあります。「眼瞼後退」はまぶたが引き上げられてしまう症状で、「眼球突出」は眼球が前に押し出される症状です。
この「眼球突出」は、眼くう内に炎症が起こり、眼くう内の圧力が上がるのが直接の原因なのですが、眼くう内の圧力が上がると、眼球の後ろから脳に伸びている視神経に障害を与えてしまうことがあります。

視神経に障害が与えられると、緑内障と同様に視野の狭窄や欠損が生じてくるのです。原因は異なれど、同じ症状が出るということですね。

バセドウ病は発病から3年~5年が勢いが強いと言われています。この時期にバセドウ病の治療をすることはもちろんですが、目に異常が現れたら後回しにせず、平行して治療を進めていくことが大切です。バセドウ病の治療が一段落してから目の治療に・・・などと考えていたら、目の疾患が進行していていたということも十分に考えられます。特に視神経は一度損傷してしまうと、二度とはもとに戻りません。早い段階から進行を止める治療を行うことが重要です。

散瞳ってなに?緑内障などの眼底検査に欠かせない方法

眼科に行って診察を受けるとき、暗い部屋のなかで懐中電灯のようなライトを目に当てられますよね。あれは、光を通して角膜や瞳孔、水晶体などに異常がないか調べているのです。これによって角膜の傷や緑内障、白内障などの多くの病気が発見できます。

この検査をするときに「散瞳(さんどう)」をすることがあります。「散瞳」とは、点眼薬を使って意図的に瞳孔を開かせることを言います。点眼薬をさして20分から30分すると瞳孔が開き、いつもよりまぶしく感じたり、近くがぼやけて見えるようになったりします。散瞳をして瞳孔を開かせると、眼底の端から端まで見えるようになるので、隠れた病気がないかしっかりと検査できるというわけです。眼底の検査には必ずこの散瞳が必要になります。

散瞳検査のあと4~5時間は見え方に違和感があるため、車の運転や事務作業などはできなくなります。眼科で散瞳検査を受ける場合は、誰か付き添いがあったほうがいいでしょう。

内科的疾患もそうですが、自覚症状なしに体に病気が潜んでいる可能性は誰しもあります。目に関しても同じことで、見え方などに違和感がなくても眼球内や眼底に病気が潜んでいるかもしれません。特に緑内障などの病気は自覚症状が乏しいので、日ごろからの検査で早期発見が望ましいと言われています。コンタクトレンズを日常的に使用している方や、パソコン作業などで目を酷使している方などは積極的に眼科の検診を受けましょう。また、眼の病気は年齢を重ねて発病するものも多くあります。40歳をすぎたら目のメンテナンスを心がけましょう。

簡単自己チェック!視野欠損が気になる方はまず試してみよう!

緑内障とは、次第に視野が狭くなって、見える範囲が少なくなっていく病気です。普段私たちは両目で生活しているため、この視野の欠損や狭窄はなかなか気づきにくく、特別な検査をしなければわかりません。

自覚症状が出てからだとすでに視野欠損が進行している場合が多いので、40歳以上になったら眼科の定期健診や自己チェックなどで常にメンテナンスを心がけておくことが大切です。

視野を自分でチェックする簡単な方法としては、ネットのサイトなどが便利です。「視野検査」や「自己チェック」などのキーワードで検索してみるといくつかヒットします。パソコンの画面を見ながら片目ずつ行い、画面に見えている模様などである位置に来たときに見えないというような症状がないかチェックできるシステムになっています。中心部分を見つめたまま、周りの模様だけが回転していくのですが、視野に異常があると、特定の位置だけ模様が消えてしまいます。
また、一点を見つめたままで、周辺に点滅の光が現れるというサイトもあります。視線を固定し、周辺に光が現れたらクリックします。片目ずつ、10回ほどクリックできれば完了というシステムです。

パソコンのほかにも、テレビを使って簡単にチェックする方法もあります。まず、テレビを砂嵐が写る画面に設定し、顔を近づけて片目をふさぎます。出ているほうの片目で一点を見つめ、周りの砂嵐に見えない部分がないかどうかチェックするのです。

どれも手軽で、簡単にできる方法ですから、一度ゲーム感覚で取り組んでみるのもいいかもしれません。しかし、あくまで簡易チェックなので、気になる症状があれば必ず眼科で検査を受けるようにしてください。

視野欠損症は遺伝するのか?定期健診とその予防法

緑内障による視野欠損は眼球内の眼圧が上昇し、視神経を傷つけてしまうことでおこる症状ですが、眼圧が上昇する理由ははっきりとは断定されていません。

その候補として上がっているのが生活習慣による環境要因と遺伝による遺伝要因だと言われています。生活習慣とは心臓病などのいわゆる生活習慣病を予防するのと同様に、食事のバランスや適度な運動、過度の飲酒や喫煙をしないこと、ストレスを上手に発散させること・・・などで予防できるとされています。しかし遺伝によるものはどうやって自分の危険性を知り、予防につなげればいいのでしょうか。

家族に緑内障患者がいるからといって必ずしも遺伝するということはありません。現在日本では40歳以上なら100人に3人は発症すると言われている病気なので、遺伝の可能性どうこうより、40歳を超えたら誰でも眼科による検診を受けてケアをしていくことが大切になります。しかし家族に緑内障患者が2人以上いる場合は、やはり発症する可能性が高まるので、早めに眼科検診を受けることをおすすめします。遺伝による緑内障は生まれつき眼圧が高い先天性のものと、ある程度年齢を重ねてから発症する後天性のものがあります。初期の症状は自覚症状がなく分かりにくいために、常に眼科での検診を受けることが最大の予防法になるでしょう。

そのほかにも予防法として効果的なのは、上に述べたような生活習慣の改善です。特に眼圧を下げるのに有効なのはビタミンCだと言われています。血液をサラサラにする効果があるので、目の血行もよくなり、視神経の働きを活発にしてくれます。緑茶やレモン、グレープフルーツなどの食べ物にビタミンCが豊富に含まれています。特に目のために、というだけでなく、ビタミンCは免疫力を高め、美肌効果もあるので日常的に取り入れたいものです。他にも、目にいいと言われるブルーベリーやアントシアニンなども積極的に摂取するといいでしょう。

要注意!喘息と緑内障の意外な関係性

一見無関係のように思える緑内障と喘息ですが、意外な関係性があり、喘息の人が緑内障と診断された場合には注意が必要です。

緑内障の治療で用いられる点眼薬の中に、喘息の症状を悪化させる成分が入っているものがあるのです。β遮断薬系の点眼薬は気管支を収縮させる作用が強く、気管閉塞が誘発される恐れがあるので、喘息患者には禁忌とされています。

緑内障治療の点眼薬は、一般的に眼圧を下げる効果のあるものを使用するのですが、1種類では眼圧が下がりきらないため何種類かの点眼薬を使用することになる場合があります。どれもなんらかの副作用があるものが多く、種類が増えることによって副作用も増していきます。緑内障と診断されてしまうと長期間点眼治療を続けることは避けられず、副作用ともうまく付き合っていかなければならなくなります。

まさか緑内障と喘息がこのように関係しているとは思いませんから、特に眼科で緑内障だと診断されても喘息の持病のことを話す人は少ないと思います。もちろんこの種の点眼薬が処方される場合は眼科医から説明を受けますが、緑内障の治療方針にばかり気をとられてうっかりと喘息のことを聞かずに処方した、なんてことも少なくないのです。

喘息の禁忌薬はこのβ遮断薬系の点眼薬以外にもたくさんあります。服用薬では鎮痛剤や風邪薬の中にも危険なものがあるのです。喘息の持病を持っている人はこれらのことがあるということに十分注意し、服用薬はもちろん、点眼薬や塗り薬に至るまで、使用してもいいものかどうか必ず確認することを忘れてはいけません。

男性と女性で緑内障の発症率は異なるの?また症状に違いは?

性別によってかかりやすい病気というものがあります。その違いの理由は、生活習慣とホルモンの違いだと言われています。女性がなりやすい病気としては、骨そしょう症や間接リウマチ、アルツハイマーや歯周病などが挙げられます。骨そしょう症に至っては、男性の10倍以上の発症率だと言われています。逆に男性がなりやすい病気としては、痛風や心筋梗塞、十二指腸潰瘍などがあります。

では、緑内障の発症率に性差はあるのでしょうか。答えは、ほとんどないと言われています。緑内障の原因となりうるものに眼圧を上げる喫煙や生活習慣、遺伝などがあげられますが、男女どちらが発症しやすいというデータはありません。

性差なく発症するということであれば、眼科の定期健診と生活習慣で予防するしかありません。緑内障は片方の視野が欠け始め、それが次第に広がっていきます。普段の生活は両目で物を見ているため、視野が欠け始めても自覚症状はほとんどありません。早期発見で治療を進めるためにも、定期的に眼科の検診を受けるようにしましょう。眼科での検診は、緑内障だけでなく自覚症状の乏しい他の病気の早期発見にもつながる場合があります。

また、生活習慣にも気をつけましょう。40代以上の中高年になれば、緑内障に関わらず色々な病気を発症しやすくなります。過度の喫煙、飲酒に気をつけ、適度な運動を心がけましょう。また、食事のバランスも注意して、偏らないような工夫をしましょう。緑内障をはじめ、病気を発症してしまうと治療が長期化し、加齢とともに精神的にも疲れてしまいます。いつまでも健康な生活を送れるように頑張りましょう。

知っておきたい高眼圧症の点眼薬治療による副作用について

緑内障は眼球内の眼圧が高まり、眼球の後ろにある視神経を傷つけてしまうためにおこる病気です。症状としては視野の狭窄、欠損が生じ、進行すると失明にいたる危険性もあります。

視野の狭窄や欠損した部分は二度ともとに戻ることはありません。そのため、眼科の治療はこれ以上進まないように進行のスピードを遅らせるという方法になります。眼圧を下げるのも緑内障の治療のひとつで、治療が長期化することは避けられません。

定期的に眼科に通うことはもちろん、基本的には点眼薬での治療法になります。眼圧を下げるための点眼薬はいくつか種類がありますが、抗コリン系の点眼薬は自律神経に働きかけて交感神経を優位にさせる作用があるため、副作用としてドライアイの症状が出ることがあります。ドライアイは単に目に違和感があるというだけでなく、肩こりや頭痛までも引き起こすことがまれにあります。また、プロスト系の点眼薬は、皮膚につくと色素沈着を起こすことがあります。点眼をして目からあふれた目薬をティッシュで拭う程度の処理で済ませていると、目の下にクマのような色素沈着を起こしてしまいます。

点眼薬は使用方法がとても大切です。1滴で十分なものを2滴、3滴と勝手に点眼したり、点眼後にまぶたの上からぎゅっと目を押さえたりするようなことは避けましょう。また、複数の点眼薬を使用する場合は、続けてさすと最初の目薬が流れてしまうことがあります。少なくとも5分ぐらい間隔をあけてからさすようにしましょう。

たかが目薬、と思わずに、使用方法は眼科医の指示通りに行うことが大切です。同じように長期間の治療を行っても、薬の使用方法がよくなければ効果が得られない場合があるので、十分注意しましょう。使用している点眼薬で何か違和感があったりした場合はすぐに眼科医に相談してください。